さいたま市長に要望書を手渡すやなか信人

こんにちは、やなか信人です。

昨年末に地域の皆さまのご協力で、市内各支部でそれぞれアンケート調査を行いました。その結果を分析し、公明党さいたま総支部の要望書という形でさいたま市長に届けてまいりました。

浦和区では「こころの健康アンケート」とともに、利便性に加え、地球に優しく、健康にも良いと、市民の間でも人気が高まっている自転車利用についてのアンケートを行いました。

このアンケートをもとに市長には、走行レーンの積極的な整備だけでなく、事故の際の保険加入を啓発したり、コミュニティサイクル導入も含めた安全、快適な自転車の走りやすい街づくりを要望いたしました。

また区内の自治会や学校関係の皆様から要望が多かった、安全予算の削減反対も盛り込みました。現在の学校警備員の体制が縮小されないように市長に伝えました。

今年はさいたま市が誕生して10周年です。

住んでいて良かった街ナンバーワン、また、これからも住み続けたい街をめざして、頑張ってまいります。