梅雨が明け、本格的な夏を迎えました。

さいたま市議会が7/1に閉会となりました。初めての議会で様々な質問をさせていただきましたので、ここでご報告をいたします。

(1)まちづくり委員会(議案外質問発言)

遊歩道および近接公園の整備について

・震災による遊歩道の被害状況と復旧について

・公道を横断する遊歩道の安全性について

・近接公園の整備について

コメント:

浦和区には市民に愛されている遊歩道があります。

震災被害の復旧が速やかに行われるよう、質問をさせていただきました。

また健康遊具の設置など、区内の公園に整備についての考え方を伺いました。

 

屋外施設の夏の安全対策について

・屋外プールの安全管理について

・福島原子力発電所事故に伴う放射線測定について

コメント:

夏に向け、小さいお子様をお持ちのご家族の方が特に不安をかかえており、公園や市民プール等屋外での対応について伺いました。

 

ドッグラン実証実験について

・実証実験の進捗状況について

・実証実験のアンケート内容について

・大間木ドッグランの実証実験後の扱いについて

コメント:

動物福祉の観点から、現在実証実験が行われている大間木ドッグランについて伺いました。

市民の皆さまからのニーズが高いドッグランを来年度も続けるのかどうか、市の見解を伺いました。

初めての委員会質問。左は小森谷市議(見沼区)

(2)予算委員会(議案質問)

児童虐待防止対策緊急強化事業について、その具体的な内容(どのようなキャンペーンを行うのか)について伺いました。

 

(3)議会広報編集委員会(7/8開催)

さいたま市議会ホームページ内の会議録検索システム(http://www.kaigiroku.net/kensaku/saitama/saitama.html)のブラウザ対応状況(推奨環境)について、伺いました。

コメント:

市民の方がPCに限らずスマートフォン等、様々なプラットフォームをお持ちのため、より多くの方にご利用いただけるように質問をさせていただきました。

 

(4)さいたま市議会災害に強いまちづくり促進議員連盟(6/30全体会での質問)

放射線測定機材の性能について、詳細を伺いました。

コメント:

公園の砂場が心配だ、また一か所ではなく細やかに測定してほしいといった声、一方、作物(土壌)について心配だといった声等が寄せられておりましたので、どのようなことができる機材なのか、貸し出しができるか等を伺いました。

 

以上、簡単ではありますが紹介をさせていただきました。

今後も皆さまからの声をひとつひとつ市政に反映させてまいります。