こんにちは。やなか信人です。

3/6(火)および8(木)の2日間、予算委員会でさいたま市の予算審査を約100分間にわたって担当させていただきました。

多岐にわたる審査となりましたので、ここでは主な項目のみ、ご紹介をさせていただきます。

運営方針(案)より建設局は耐震の取り組み、都市局は行財政改革への取り組みについて。行財政改革はコスト削減にとどまらず、自主財源確保の取り組みや市有財産の有効活用がしっかりとなされているか。

水道事業会計では「震災の教訓をどのように生かしているか」に対して、液状化対策や震災時の給水に空気弁や消火栓を使った方法についてのやり取りがありました。

下水道関係では、さいたま市浸水(内水)防災マップを効果的に活用した今後の取り組みについて。

バリアフリー推進では、埼玉新都市交通ニューシャトルのエレベータ未設置駅の今後の見通しと北浦和駅西口、東口(都市局)、および大宮駅西口(建設局)エレベータ工事の進ちょく状況など。

交通安全については、自転車政策、放置自転車や駐輪場の課題に加えて、東浦和駅方面から市立病院へのアクセス向上についての見通しを伺いました。

その他にも、LED技術について、フェイスブックや緑化推進、浦和駅周辺で行われている整備事業についてなど、一つ一つていねいに質疑を行いました。

さいたま市議会ではご家庭から委員会のインターネットライブ中継を見られるようになっています。準備が出来次第、議事録も公開されますので、何かの折にぜひご覧ください。

議会はあと1週間続きます。

ふと気づくと風が暖かくなり、日差しも春のものに変わりつつあります。

昨年は国中が困難に見舞われましたが、今年こそ市民の皆さま方と穏やかな気持ちで桜の季節を迎えたい、と思います。