こんにちは。やなか信人です。

 

決算・行政評価特別委員会の審査が10月17日まで、三週間にわたって行われました。

決算・行政評価特別委員会では、述べ80分にわたる審査を実施

 

主な審査項目は以下の10項目です。

・中学校図書館(図書)の充実

・給食の食べ残しをどう減らすか

・さいたま市立漫画会館の活性化

・浦和駒場体育館等、避難所の非構造部材を含めての耐震化

・与野駅(西口)の事業の評価、検証(進捗や安全対策)

・水辺環境(ホタル生育)への取組み

・市営住宅の落選者の方へのサポート

・浸水住宅改良資金貸付事業

・マンション管理相談会の充実

・小水力発電事業の拡大

 

9月定例会では、初めてとなった決算・行政評価特別委員会以外にも、まちづくり委員会や事務処理等適正化調査特別委員会での発言があり、発言時間がトータルで二時間を超えました。

今議会の当初は汗を流しながらのクールビズだったのが、まるで嘘のようです。

気が付くと、早朝はだんだんと肌寒くなってきました。

来週は三週間ぶりの本会議です。

継続審査となった案件もあり、しっかりと臨んでまいりたいと思います。