こんにちは。やなか信人です。

さいたま市議会12月定例会は常任委員会が舞台となり、連日、熱心な審査を行っています。

去る12/9(月)、第5委員会室で開催された市民生活委員会で、20分間に渡り議案外質問を行いました。今回は浦和区内にあるさいたま市の中心施設の安全性と利便性について、ていねいな審議を心がけました。項目については以下の通りです。

 

1.浦和駒場体育館の安全対策について

(1) 来館車両の周辺への配慮と安全対策について

(2) 駐車スペースの今後のあり方について

 

2. コムナーレの利便性向上と安全対策について

(1) 自然現象や大規模災害への対応について

(2) エレベータの利便性向上について

 

3.環境学習の推進について

(1)環境学習の推進の現状について

(2)今後の展開について

市民生活委員会で執行部の答弁に耳を傾ける

 

本日(12/11)浦和駅西口発、羽田国際空港行きの空港バス運行開始の発表がありました(国際興業バスはこちらリムジンバスはこちら)。先日発表された上野東京ライン(東北縦貫線)2015年春の開業とともに、さいたま市にビジネスや観光で来られる方と、空港に向かう市民の足が格段に向上します。これまで市民の皆さまからも多く声を寄せられていたことでもあり、大変に嬉しく思います。

先週の本会議場で「黄金の七年」という表現を使わせていただいた通り、これからさいたま市は7年後の東京オリンピックまで、次々と国際イベントが開催されます。千載一遇の時を逃さず、市民の皆さまが夢と希望と誇りの持てる街にしてまいりたいと思います。