こんにちは。やなか信人です。

さいたま市議会6月定例会で一般質問の一番手をつとめました。

 

市民の安心安全と健康事業の必要を訴える(14年6月16日)

 

1.安全安心のまちづくりについて

(1)大規模災害時の延焼対策について

(2)マンションの防災力向上の取組みについて

(3)まちなか防災機能の充実について

(4)オープンデータによる防災情報の提供について

 

2.認知症高齢者等の安全確保の取組みについて

(1)認知症不明者の現状と課題について

(2)早期発見のための情報提供について

(3)日常的対策について

 

3.通学路の防犯について

(1)防犯カメラを用いた通学路の安全対策について

 

4.健康マイレージについて

(1)スマートウェルネスについて

(2)ウォーキングについて

(3)健康マイレージ制度設計について

 

 首都直下地震の被害想定の見直しにより「さいたま市被害想定調査報告書」も、この3月に見直されました。浦和区における建物倒壊による被害や死者数は市全体の約1/3を占めており、早急な対策が求められます。

「健康マイレージ」事業は2年前よりわが会派が提案しているものです。「ためる」「つかう」で多くの方が健康長寿を享受(きょうじゅ)できるさいたま市にしたいものです。