さいたま市で「小型家電リサイクル」の輪を広げよう!

 

こんにちは、やなか信人です。

さいたま市議会市民生活委員会で議案外質問を行いました(12/8 第5委員会室)。通告内容は以下の通りです。

1.小型家電の回収状況と今後の取組みについて
(1)小型家電のリサイクル状況と課題について
(2)リサイクルの収支および、回収ボックス増設による取組強化について
(3)環境教育やクリーンさいたま推進員の協力による小型家電リサイクルの市民啓発の必要性について
(4)市民参加型集団回収の実施について

レアメタルと呼ばれる希少な資源は産出地が偏在し手に入りにくいものでしたが、私たちが捨てる小型家電などの「ごみ」から集めることができるようになりました。都市鉱山ともいわれています。地球資源には限りがあります。エコを心がけ、地球に優しいコトを皆で考え力をあわせていくことが大切な時代です。
さいたま市ではコストの課題はクリアーされ、すでに相当額の採算がとれていること、そして100万を優に越えた、この大都市のスケールメリットを有効に生かせば、市の財政に貢献できることが明らかとなりました。しかし現時点において、資源回収運動を行って下さる地域のコミュニティ団体や福祉教育団体の皆さまに、その「利益」を還元する仕組みが整えられていないことが残念です。行政と議会そして市民の皆さまのお知恵を集め、こういった課題の解消にも取り組んでまいりたいと思います。

市民生活委員会での議案外質問の様子

市民生活委員会での議案外質問の様子

 

冷たい風やブラウン管を通して映し出される雪景色に、冬本番が近づくのを感じます。インフルエンザの流行は冬の風物詩となってしまいましたが、MRSAやエボラ出血熱のように日本の科学者が治療に貢献するのは、まだ先の物語となりそうです。高齢者や受験生の方は、早めに予防注射を受けられるのが現実的です。

今年も浦和パルコに美しいツリーが飾られました

今年も、浦和パルコに美しいツリーが飾られました

赤いイルミネーションで飾られた浦和駅