さいたま市議会で予算審査を行っています(2020年度)

こんにちは、やなか信人です。
2月上旬開会のさいたま市議会は、今年度補正予算の審査に続き、特別会計や企業会計を含めると総額1兆円を超える新年度予算審査を行っています。

補正予算では、浦和駒場スタジアムの整備について(2/21)、
新年度(当初)予算では、浦和区役所の予算についての発言(2/26)のほか、
新型コロナウイルス感染症対策による、学校臨時休校中の学習機会の提供について(3/4文教委員会所管分)や、
さいたま国際マラソンの際に行われていた「駒場ファンラン」の今後の方向性について(同)、
感染症を防ぐ予防接種制度(新年度の成人用肺炎球菌ワクチン、ロタウイルスワクチン、風しんの抗体検査および受診勧奨など)について(3/5保健福祉委員会所管分)といった、

大切な部分に絞り発言をさせていただきました。

議会に向かう途中、春の到来を告げる本太中学校(浦和区)の早咲きの桜を見かけました。週明けには企業会計(病院および上下水道)の審査が控えております。市民の皆さまからお預かりする税金が市民福祉の向上に資するよう、最後までしっかりと審査をしてまいりたいと思います。

追記:新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、本会議および予算委員会につきましては、インターネット中継(ライブ放送)をご活用ください。さいたま市議会の会期日程が変更されておりますので、事前にトップページにある「さいたま市議会からのお知らせ」のご確認をお願い申し上げます。