さいたま市議会の決算審査が続きます(2022年9月)

こんにちは、やなか信人です。

さいたま市議会では9/29より決算審査が行われています。
総合政策委員会関係の審査の際は、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)、ICT人材確保の取り組み、総合防災訓練参加者を増やすための取り組み、平和推進事業の成果といった内容について審査しました(写真下)。

そして10/4の文教委員会関係審査では、特色ある学校づくり、デジタル教科書や機材導入の推進状況と成果、うらわ美術館の事業成果などに触れました。

さいたま市には老朽化が進む学校があります。国の財政支援を積極的に受け、学校施設を単なる改修ではなく、環境への配慮がなされた校舎や他の施設との複合化などにより一層の教育環境の向上を図るべきだと申し上げました。

市民の皆さまの声を伺うために、週末は浦和のまちを自転車で駆け巡ります。
この日は幸運にも美しい夕方の風景が目に飛び込み、思わずレンズを向けました。

議会での決算審査はこれから保健福祉、まちづくり委員会関係審査と連日続きます。
一日、一日をしっかり臨んでまいりたいと思います。