初の代表質問を行いました。(さいたま市議会2020年2月)

こんにちは、やなか信人です。
先日(2/13)、さいたま市議会の本会議で代表質問をいたしました。内容は以下の通りです。

1.行財政改革への取り組みについて
(1)公共施設マネジメント計画とストック適正化
(2)地方創生応援税制
(3)デジタル手続き法とマイナンバーカード

2.安心・安全のまちづくりについて
(1)大規模災害団員
(2)ICT活用
(3)情報提供

3.教育都市さいたまについて
(1)市立小中学校体育館への空調設備設置
(2)ICT活用
(3)教育格差の是正
(4)人生100年時代の生涯学習
(5)平和教育

4.健康・長寿について
(1)海外からの介護人材受入れ
(2)タクシーのバリアフリー化
(3)長寿応援手帳

5.移動支援について
(1)MaaS導入
①委託調査の成果
②推進体制
(2)AIを活用したオンデマンド型サービス

私の所属する「公明党さいたま市議会議員団」は、新年度の予算編成並びに施策に対する要望書をさいたま市長に提出しています。そのなかから選び答弁を求めたものです。質問と答弁時間を含めわずか60分でしたが、自信を持った政策提案ができたと思います。
ご参考になりますが、令和2年度予算編成並びに施策に対する要望書 についての市からの回答は、こちらに掲載されております。他会派も掲載されています(「令和2年度当初予算等に対する市議会会派要望等への対応状況の公表」)ので、お時間のある方は比較をされてみてはいかがでしょうか。なお、議事録が市議会ホームページに掲載されるまで若干時間がかかりますので、しばらくお待ち下さい。

今定例会(さいたま市議会2月議会)は新年度の予算案の審査など予定されており、春分の日近くまで続きます。満開の桜を楽しみに、引き続きしっかり頑張ってまいりたいと思います。